坂井市立図書館ホームページへ




■ 郷土が生んだ作曲家

今川節
(1908〜1934)
節の胸像と記念碑
(緑幼稚園)
もう一つのペチカはこちら
今川節のあゆみはこちら
今川節物語はこちら

 
 今川節は明治41年8月21日福井県坂井郡丸岡町(現坂井市)巽町に生まれた。父の死後、母は実家に戻り、そこで彼を産み育てて行った。平章小学校の高等科を卒業後、同町谷町の森田銀行の給仕になり、同時に好きな音楽の道をめざして児童文学雑誌「赤い鳥」の音楽通信講習で作曲の勉強を始めた。
 北原白秋の詩「ちょうちょう」に作曲して応募したところ、大正14年の「赤い鳥」8月号に成田為三氏の推奨作品として掲載された。16歳の時のことである。翌年には、「雪の降る夜はたのしいペチカ」で始まる白秋の詩に複合7拍子という稀に見る技法で作曲した「ペチカ」が誕生。彼の代表作品となった。昭和3年までには約100曲ほどの作曲をしたが、彼は、自分の作品を通っていた教会の謄写版印刷機を借りて印刷し、樂友や知人に送り批評を受けることにした。
 文部省は昭和天皇の即位を祝って昭和3年8月に「大礼奉祝唱歌」を募集した。全国から寄せられた作品の中から彼は2等入選を果たし、広く世に知られ始めることになった。この時の賞金200円で手に入れたオルガンは彼の生涯の佳き伴侶となった。
 昭和5年、同好者約20名が集い、丸岡ローレル・アマチュア管弦楽団を結成。4月5日地元の霞座で創立記念演奏会を開いた。昭和7年5月には時事新報社主催による第1回全国音楽コンクールが開催され、彼は「ローレライの主題による交響変奏曲」を作曲し応募したが、力量至らず落選。しかし、才能を認めた山田耕筰氏の手厚い激励を受け、さっそく年末から次回コンクールに向けての準備に入った。郷土の風景を念頭に作曲した交響組曲「四季」は無事予選を通過。裏返しに仕立て直され右胸にポケットのついた背広は、東京日比谷公会堂のステージで紹介された彼の立派な晴れ着となった。独学の彼が新進作曲家の2人をおさえ見事作曲部門の第1位に輝いたのである.
 こうして大いに将来を期待された今川であったが、日頃患っていた肺結核がこの頃とみに悪化。帰郷後数日して喀血、病床につく日も多くなり、銀行も退職せざるおえなくなった。ローレル楽団の人たちや友人・知人が「今川君を救え!!」と救済基金募集などに立ち上がったが、特効薬にも恵まれぬ時代のこと、体調はみるみる衰えて行った。「ぜひとも第1シンフォ二ーを書きたい!!」強く厚い信念を胸に昭和9年5月12日、母と友人たちに見とられながら彼は作曲歴10年、25歳の生涯をとじた。代表作「ペチカ」は、この年の12月にキングレコードから東海林太郎氏の歌で「ペチカ燃えろよ」として全国にレコード発売された。現在そのメロディーは、丸岡町内に午後9時を告げる時報として流れている。

ペチカの楽譜 丸岡教会の
ステンドガラス

参考図書 「ペチカは燃える若き作曲家今川節君のこと」 江守賢治編
「今川節追悼顕彰誌 ペチカよ永久に」 平井英治編
「文協―丸岡文協二十周年記念誌」 丸岡町文化協議会
「丸岡町の人脈」 伊東尚一著

坂井市立図書館ホームページへ