今川 節のあゆみ

1908年 (明治41) 8月21日 、丸岡町巽(現坂井市)で生まれる
1915年 (大正 4) 平章小学校に入学、教会に通い始める.
1923年 (大正12) 平章小学校高等科卒業、森田銀行(現福井銀行)丸岡支店の給任となる.通信講座「唱歌の作曲」を受講開始する。
1925年 (大正14) 文芸雑誌「赤い鳥」8月号に童謡「ちょうちょう」が載る.宮原禎次氏の作曲の添削・指導を受け始める。
1926年 (大正15) 2月から自作の曲を謄写版印刷をして知人、楽友らに配布する。
1927年 (昭和 2) 実姉桶村富久子が今川家に入り母と3人暮しとなる。11月姉洗礼を受ける。
1928年 (昭和 3) 地元の劇場「霞座」で綿貫兄妹により童謡「ペチカ」初公開 親友吉田宗一氏洗礼を受ける。徴兵検査の結果丙種と判定される。「大礼奉祝唱歌」2等当選、賞金200円を受ける。
1929年 (昭和 4) 福井市宝永小学校校歌作曲混声四重奏で発表
1930年 (昭和 5) 丸岡ローレルアマチュア管弦楽団創立記念演奏会(霞座)福井中学校校歌作曲
1931年 (昭和 6) ローレル楽団第2回演奏会(霞座) 姉富久子死去、8月27日、25歳、ローレル楽団第3回演奏会(丸岡高等女学校)
1932年 (昭和 7) 爆弾三勇士など軍国主義を讃美する歌を広めるためローレル楽団への出演要請が続く(福井、敦賀、春江、大野など)第1回音楽コンクールに「ローレライ変奏曲」で応募、落選。福井市を訪れた作曲家山田耕筰氏に初対面
1933年 (昭和 8) 4月坂本牧師山梨へ転任、後任赤木牧師となる。第2回音楽コンクール交響曲組曲「四季」入選、肺結核の病状悪化、病床に就く日が多発、銀行退社
1934年 (昭和 9) オルガン独奏曲「静寂」「祈り」「エレジー」「カノン」童謡「苗代太鼓」管弦楽「子供の交響曲」などを死力をつくして作曲         5月12日他界

  節が残した作品の多くは、遺稿として今も大切に丸岡図書館に保管されています。
 現在は「ペチカ・SETSUの会」が年に一度の音楽会を通して顕彰しています。そして、毎日午後9時には時報として丸岡町内に「ペチカ」が流れています。


今川節の部屋に戻る